前の記事で威嚇について書きたが、、、




今回は、、、












食生です( ^ω^ )







以前の記事で、夜はマッディウォーターと




考えて下さいと書きました。




厳密に言うと僕の考えでは、通常クリアウォーター、ステインウォーター




の池が、夜なったからマッディウォーターの釣りをする。








は、半分当たりで半分間違いだと思います(^_^;)




通常の池の色で、視覚だけバスが失ったという感覚です。




ですから、日中の釣りがそのまま通用します( ^ω^ )





勿論、餌探して回遊する魚は朝昼晩いますよね?





朝だから、ローライトだから餌狙ってシャロー!!




夕方にマズメだ、ローライトだからシャロー!!





と、どうしても固定概念ありましたが




これも半分当たりで、半分間違いだと思います(^_^;)





この釣りで狙ってるのは、夜に活動している魚です。






朝に動く魚もいれば、昼間に動く魚もいる、そして夜に動く魚がいる。








自分の感覚ですと、製造業の三交代制の工場勤務みたいに







同じ作業をひたすら、人が変わりながらするのと似ていると思っています( ^ω^ )











半分当たりの部分について、書いていきます( ゚∀゚)





日中の釣りにおいて、マッディウォーターでは





どんなルアーを選択しますか?









僕なら、、、













強いルアーです( ^ω^ )







見つけて貰うためというのと、巻きの釣りなのでサーチが早い‼



キャスト回数増えるし、やる気のある魚の前を通過出来る可能性があがる。




ハードルアー等の強い釣りでも、釣れる可能性が強く




騙しやすいから( ^∀^)










しかーーーーし!!







それは、、、






サーチの時だけです( ^∀^)




魚を拾ってく釣りです( ^ω^ )



そして夜釣りと言うのは、、、










昼間そのフィールドを知っているが、、、










大前提なのです(;ω;)




夜では、池を覗きこみ ブラックバスを観察するのは不可能、、、




そして根掛かりたくない、が




ポイントが見えない、、、




となっても、ポイントに照明あてるのもNGです(;ω;)




昼間よくみてフィールドを覚えて、イメージし、、、









キャスト!!( ゚∀゚)









キャスト!!( ゚∀゚)








キャスト!!( ゚∀゚)








オーバーハング下に入れれるようになりましたら、、、











世界が変わります!!( ^∀^)










断言します、、、( ゚∀゚)




ここまでくるとアナタは、、、

















夜釣りマスター( ^∀^)






基本、光は水面に落としこまないで下さい(;ω;)



自分が音出しても逃げない魚が




流石に光では、、、





一部、逃げます(;ω;)



逃げないのすらいます。




ネストだから?




イヤイヤ(ヾノ・ω・`)






ネストじゃなくても、足元に光を当てると




ストラクチャーについて動かないのもいます、寝ているのかしれません。







この魚は、威嚇で簡単に釣れます( ゚∀゚)







もしそのブラックバスが





岸際に頭が向いてる場合、餌を待ってるので近くに落とせば




カエル落ちてきた感じで釣れるので、、、













見つけたら、ガッツポーズなります( ^ω^ )



ですから、自分はいろいろやってダメで諦めて移動する前に



光を当てて水の中を観察してます( ゚∀゚)









話は戻りまして、、、




日中に、ブラックバスを観察して回遊ルートや





回遊で必ず一回立ち止まるコンタクトポイントなど




よく知りそのフィールドを熟知し












ブラックバスが釣れてる、あるいは いるポイント















そこを知ってる、それに自信のある方は








そこに強すぎないルアーを、、、











投げてください( ^∀^)








もしくは弱いルアーを( ゚∀゚)






勿論、、、













( ゚∀゚)デッドスローで




弱いトップのデッドスローか




一番のお勧めは、底をビッグベイトもしくは スイムベイトをデッドスロー


20180724_005446

こちらは、ベビーステルススイマーを使用。こちらついて書いた記事は、こちらをクリック♪



使用タックルデータ



ロッド: メガバス デストロイヤー セブンイレブン



リール: シマノ スコーピオン アンタレス ZPIカスタム



ライン: ルナヒサノ DX500m 12ポンド







賑やかなトップじゃないと、何してるか解らないよ、、、(;ω;)




というのであれば、それもよいでしょう( ^ω^ )




その場合、注意して欲しいのが



何度も同じ所に投げてもなくても、食生ではなく





威嚇で襲ってくる場合があります!Σ( ̄□ ̄;)




大きなバスは、威嚇でも食生でもトップに限っては





吸い込みが多いですので、ほとんどヒッタクリません。




デカバスが吸い込んで潜って、口のなかに収まったルアーが




アワセにより、口からスライドして針が掛かりますので、、、











横に針かかった食生だ(´∀`)ノ









とはなりません、、、( ´・∀・`)



暴れてるから、、、










威嚇だ!ともなりません( ´・∀・`)










吸い込みバイト後、魚とのやり取りの仕方でおとなしくなりますので( ^ω^ )




この辺の細かいことは、後程書きます( ^ω^ )



食生なのか、威嚇なのか判断に困りますが





次にその釣りを、再現出来るかということに関わってきます。









トップウォータールアーで、尚且つ音の大きなルアーは



音と、月や星の光で、自分のルアーがどこにあるか



とても認識しやすい。



さらには、マッディウォーターのような効果があるのに



光よって出来た影が



実際は透明度があるため、水中深くに落ち込みやすいので



深いレンジから魚を呼ぶ力がある。



夜は、人間含め活動する物が減るため




静かだから小さい音でも響くので、デカい音は尚更響く。








反対に音が鳴らない、もしくは小さいトップウォータールアーでは





何をしてるからわからない。




と言った、操作感という点でも日中と違ってきます。





日中としていることは変わらないのですが、視覚情報が減るだけで




違和感により、何してるか解らないもなれるまである場合がございます( ´・∀・`)




ですので、そういった方は音のでるトップウォータールアーなどで





はじめると良いのではないでしょうか?( ^∀^)












そして、回遊ルートはわからない場合で
、、、







夜にどうしてもサーチするのであれば





まずは、強いルアーでサーチしてください( ^ω^ )



水面からディープなんでもよいです。



そして、


今まで釣れた場所、状況やルアーはここでは置いときましょう





ただただ、釣れた場所を点で繋ぐと





回遊ルートや、好んで身を潜めるポイントが





段々イメージ出来るように、自分はなっていきました(* ̄∇ ̄)ノ







・まとめ




大きな魚は、一回で栄養の沢山とれる餌を好む傾向があり



尚且つ、簡単にとれる餌を選び、ムダな体力は使わないように身を潜める。



この魚を捕食で釣る場合、ブラックバスがいると自信を持って投げれる場所で



バスの目の前に入るまで、このような餌を演出しルアーをトレースする。



この釣りは、何回も次で再現しやすい。



回遊を捕食で釣るのは、運が強くなる。



日中に、ブラックバスの生態を把握するとことで、少しだけ確率が上がります。



回遊のデカバスを探すのは強いルアーがよいと思いますが



回遊のデカバスも実際は弱いルアーに反応しやすく



強いルアーのなかでも、出来るだけ弱いルアーを使う



もしくは、リアクションをつっかった釣りにシフトしましょう( ^ω^ )



夜は、マッディウォーターと思って下さいと以前書きましたが



あくまでマッディウォーターのような恩恵のでる、クリアウォーターだったり



ステインウォーターと言うことです。















※この世に正解と言い切れる物があるとは思えません、自分には正解なんて解らないです。

 あくまでも現段階での経験を元にした

 自分なりに正解を、追い求めた結果の暫定的なメソッドになります。









インスタグラム、ツイッターしてます!! よかったら気軽にフォローしてください♪







リールのカスタム記事書いてます、よかったらご覧ください♪下記リンクから飛べます。


1562813320727




因みに、自分は殆どのカスタムパーツを、ヘッジホッグスタジオさんで購入してますよ( ゚∀゚ )









ヘッジホッグさんは、豊富なパーツでリール界のオーダースーツ店ってな感じで





素晴らしい"自分だけの一台"が出来上がりますよ♪





カスタムハンドルの選び方の紹介!!



カスタムハンドルノブの選び方を紹介!!



ハンドルノブの重量の比較や紹介!!



いつも、応援ありがとうございます‼( ´ ▽ ` )ノ



今回も、下記のバナーをポチッと応援宜しくお願いいたします(^ー^)


↓↓↓↓↓↓↓↓↓