どこかの誰かに、役に立てれないかな?






的な感じで、カスタムパーツ着せ替え企画してます♪\(^o^)/






勿論、自分がよりカッコいいリールを作る為でもありますが、、、笑






やはり、頭の中より、、、参考になる画像がネット内に少しでも沢山あると嬉しいから






自分で、作っていきます^_^笑笑







一度、大半のリールとカスタムパーツを、、、売却してしまった為、、、






1から集めております(T_T) なかなか、釣具にお金は回せませんが、、、






少しずつ充実させていきたいとおもってるので、宜しくお願いします♪\(^o^)/






過去に書いた、この企画に登場したパーツ







登場したリールなら、出来る限りリクエストに応えたいと思いますので







コメントしていただければ、装着例をアップしていきたいと思います(^^)♪






コメントに気が付かないことや、コメントされた時にパーツが無いという事もありますので







何回もコメントしていただくか、ご容赦して頂ければ幸いです♪










今回は、タトゥーラSVTWに


コチラの、パープルカラーと








コチラのノブを、装着してみたいと思います♪










このリールは、相棒のショウ君がこのカスタムハンドル装着例図鑑企画に提供してくれました^_^♪


提供時の記事はコチラ






ではでは、見て行きましょう♪







IMG_20181230_092557

IMG_20181230_092622

IMG_20181230_092658

IMG_20181230_092458

IMG_20181229_151544

IMG_20181230_092721

IMG_20181230_092749

IMG_20181230_092842






当然似合いますよね♪好みは別れそうですが^_^






で、ハンドル重量はと言うと、、、







IMG_20181215_035324



 ノブ込みで、19グラムです♪




IMG_20181215_035252



RCSコルク圧縮ノブ重量5グラム♪




IMG_20181218_154358




ハンドルフレームは、10グラムです♪







精密計りではないので、多少誤差があります(^^)







因みにエンジンさんのザンシンは、スタジオコンポジットさんとのコラボハンドルもあります♪





オススメハンドルを紹介したいので、エンジン様からの引用となります!






コダワリのZANSINハンドルシリーズ

皆さんこんにちは。開発スタッフ渡部です。
今年もしびれた結果となったバサーオールスタークラシックも終了し、私の参加するバスイベントは全て終了となりました。
村川プロの活躍の余韻に浸ることもあまりできずに、来年のショーの準備や新製品の打合せに日々奔走しています。
皆さんバサー誌、釣りビジョン、楽しんで頂けましたか?

前回はロッドのお話をさせていただきましたが、今回はザンシンハンドルの紹介です。例年寒い時期になると、リールを始めとしたドレスアップ、チューニングパーツについ目が向いてしまいますね。ZANSINについては以前、このエンジンHP内、菅谷プロの原稿でも何度か紹介させて頂いていますので、ご覧になった方も多いかと思います。
今回は開発の視点から紹介させて頂きます。

ZANSINはリールのチューニングパーツであり、「軽量・タフ・感度」の3つをコンセプトワードとして、さらにトーナメントユースを基本として開発をスタートしたアイテム群です。
アイテム数もまだ、ハンドルまわりのみと少数ではありますが、いたずらにリリースすることなく、じっくり腰を据えて良いものを開発していく所存ですので、ご理解の程よろしくお願いします。

ベイトリールのハンドルからリリース決定となったものの、材料選定の段階からスタッフ間で時間を掛けることとなり、結論としては、アルミニウム素材、それも「特殊な」という形容詞がつくアルミニウムで原材料決定となりました。コンセプトを、軽くて強く、感度も良い!さらに腐食に強い、コストパフォーマンスも良いという良い良いづくしで決定している為、苦労はしたものの、どうにか納得の行く素材とめぐり会うことが出来ました。

選定過程でも、実はカーボン素材も十分考慮はしました。広く良く使用されていますし、馴染みもあり、良い素材なのですが、エンジンとして、感度、コストパフォーマンスを追求していくと残念ながら見送りとなりました。最終的な決め手は感度でした。
ここからさらにデザイン案も試行錯誤を繰り返し、右往左往しながら、ようやく今のシェイプ&デザインに辿り着きました。このデザインにもさまざまなこだわりがあり、例えば、グラブ系のテキサスリグを移動時にリール及び付近にワームを固定し、再キャストしようとした時にチギレてしまった経験はありませんか?移動時ではなくても何かの拍子でハンドルにくっ付いてしまうとこのような現象がおきます。意外と経験している人って多いみたいです。様は薄い素材のワームのハンドルへのくっ付き防止機能を持たせたスリット。一見デザインに見えますが実は機能だったりします。細かいところではハンドルフレームのR加工が手の怪我防止に役立っています。雨天時や手がふやけている時に、手を切りやすくなるって皆さんご存知ですよね。

後は見た目の力強さも重要視しました。実はデザイン上もっとシンプルなデザイン、細いフレームでも実用的な強度は出ていましたが、見た目的にあまりにも華奢でNGとなりました。

太さイコール力強さってところもありまして、現状のフレームの太さ、形状になりました。それだけ、強度には自信を持っています。

そしてシェイプ自体はクランクタイプ、ストレートタイプを用意しました。今では、クランクタイプは一般的なので、話は省きますが、ストレートタイプが何故必要かを述べたいと思います。

ストレートタイプは基本的に右投げ、右巻きのように利き手で投げ、利き手で巻く人用に用意したデザインです。何故か?というと、クラッチを切り、キャスト!と言うときにクランクタイプですと、ノブの裏側が程よい確立で手の甲に引っかかり、キャストしづらい現象が起きます。まぁわずらわしいのです。(実際に試していただければわかります。フィッシングヨーの際にでも是非ブースで試してくださいね。)そのわずらわしさを解放してくれるのが、ストレートハンドルデザインなのです。(しつこいようですが、是非ショーで試して下さい)ちなみに私も利き手で投げ、巻く派なので、クランクタイプとストレートタイプではやはりストレートタイプに手が伸びますし、村川プロもそのようです。ですので、用途、使い分けとしてはこのような視点で選んでも良いですし、好みで選んで頂いても、もちろんOKだと思います。

さらに、好みと言えば豊富なカラーバリエーションもこのザンシンハンドルの大きな魅力だと思います。いまだに、ハンドル単体でこれだけのカラーバリエーション全8色展開しているアイテムはないですから。選べるって良いですよね。このリグにはこの色って展開もアリですし、巻物と撃ち物で大きく分けるのもアリです。様々な展開が考えられますね。

とまぁ話もかなり長くなりましたが、皆さん、ある程度理解して頂けました?今回はこの辺で終了したいと思います。是非お店に立ち寄られた際はこの”ZANSINハンドル”手に取ってみて下さいね。
次回はスタジオコンポジット社コラボ カーボンノブ付きザンシンハンドルの話をしたいと思います。


引用元 エンジン ザンシン





IMG_20181230_092932







バッチリ巻いた状態で計測、207グラム。





こちらは、ZPI さんのスプール NRC002PG RRもスプールも装備してます♪



ZPI スプール NRC002PG RR 記事はコチラ




ZPI ダイワ・タトゥーラSV TW用NRC002-PGスプール【NRC 002 PG RR】
ダイワ・タトゥーラSV TW用NRC002-PGスプール【NRC 002 PG RR】






IMG_20181230_095403





純正71?2ミリハンドルは、20グラムでした♪^_^











では、次の記事でお会いしましょう〜♪^_^






タトゥーラSVTWをはじめ、他のハンドル装着例は カテゴリー の リールカスタム よりご覧になれます(^^)♪




カテゴリー:リールカスタムはコチラから




IMG_20181220_040100




RCS関連商品(SLPワークス)







エンジン関連商品








いつも、応援ありがとうございます‼( ´ ▽ ` )ノ


今回も、下記のバナーをポチッと応援宜しくお願いいたします(^ー^)


↓↓↓↓↓↓↓↓↓




バス釣りランキング













          PVアクセスランキング にほんブログ村