IMG_20190304_151523




買ってきて、直ぐに巻き返えちゃいました‼\(^o^)/




ルナヒサノのDX500mシリーズの8号です!


以前書いた激安ラインインプレ記事





値段を考えると、大変満足かつ信頼をおいてるラインです^_^







買った価格は、500メートルが799円です^_^ 









だいたい安くても、太いと1700円はしますし、これは過激に安い!!








高いラインも沢山使ってきましたが、然程変わらないと言うのが自分の結論






勿論、その僅かな差が"大きな差"があるのも事実ですが







自分は、セレブではないから安いラインを選びたい!!笑笑







良いラインが値段10倍高くっても、10倍品質が良かったり、10倍長持ちしないからであります^_^






年に数回しか、釣りにいかないなら高くていいラインが使いたいかな?思ったりもします(T_T)







しかし、そんな良いラインも、ナイロンラインだと巻きグセがしっかりついた事ありませんか?







売ってる時は、大きなボビンで緩い巻きグセですが








スプールが小さい為、リールに巻いて時間が経ってしまうと、、、巻きグセで







ガイドにラインが、通りに難くかった経験はないでしょうか?








こうなると、いいラインが台無し、、、(T_T)








少しの巻きグセは、ベイトリールにおいてはキャスト時にラインが膨らみにくく







サミングのアシストにもなってる?気もしますが、リールに巻かれたままで、しっかりついた巻き癖は問題な気がします(T_T)








で、週3前後で釣行時間が長い自分としては







高いラインを買って長く使って、ルアーロストや取りたい魚がとれなかった経験から







傷みを少しでも感じたら、どんどん変えていきたい訳です!







よく傷つくルアー付近は定期的に結び直しますから、ラインも適量をみつけても






すぐにベストではなくなります(T_T) それも巻き返えをすぐにしたい要因の一つ。








どんな良いラインも、巻いてから時間が経ったり、使用した時間が長ければ傷んで当然です。







そして、グラップラーには





PE4号→PE2号→ナイロン40ポンド(10号)→PE下糸巻いてナイロン40ポンド







を満タンに巻いて、徐々に減らして試してきました!







減らした物は、増やせないから笑笑







こんな風に色々試せるのも、安いラインだからなせる技♪







ソレでも、自分からしたら痛い出費ですが笑笑








でも、竿、リール、よく使うルアー、それを使用する人間の違いで







ベストなライン選択は、変わると感じているのでトライしています!^_^







次に選んだのが、ナイロンラインの8号‼32ポンド







10号ナイロンの硬さが、扱い難いと感じたからで







変化を感じなかったら嫌なので、9号はとばしました!







ラインだけを触ったら、同じように硬く8号でも大差ないな?と感じましたが






リールにラインを巻きだしたら、あからさまに柔らかい事に気が付きました。







銘柄も違うので、号数だけの判断は軽率かもですが、、、(T_T)







今まで10号ラインにしてたのは、ジャイアントベイトも投げる為ですが







今回号数を下げたのは、下げても大丈夫と感じたのと、飛距離が欲しかった為です‼








安心して振り抜きたいから、太くないとと言う考えで選んだ太すぎました。







太いほど、巻きグセも付きやすいですしね^_^笑笑








安心して振り抜きたいから、伸びないフロロは選択しません!








勿論、根がかりの時も伸びていただかないといけないし、既に引っかかってる為硬い物に








ラインが当たってるとみて間違いないないので、フロロだと外そうとしていろいろしてたらキレちゃうみたいな?(T_T)








ここも、セレブじゃないからルアーロストは致命的、、、








なので、ナイロン‼ 引っ張って伸ばして、伸ばしたのを戻すと反動でルアーが動いて外れたりもありますしね♪








反動で、根がかりを外すと言えば、、、







大きいナス型オモリを、ロッドを高く上げてラインにぶら下げ







ルアーまで送り込む方法も、水中でナス型オモリがルアーにぶつかる衝撃で、中々外れてくれますよ♪\(^o^)/









で、テスト投げをしました\(^o^)/







満タンに巻いたら、やはりスプールが重すぎるのと42ミリの巨大スプール径により







遠心力で過激に回る!笑笑






軽いスプールで、糸が少なく軽量なのがよく回るのはルアーに引っ張られてまわり易いからで






違う理屈で、こっちも過激に回ります、、、笑笑






 

軽いスプールは、ルアーの重量にある程度合わせて回ってくれるのに対して







こっちはライン放出量に関係なく、ぶん回ります、、、笑笑







予想してましたが、扱い難い、、、(T_T)







理屈を正確に理解する為に、満タンからやりました笑笑







IMG_20190304_151457





で、次はこの位にしました。一般的な適量でしょう笑笑






この巻き量では、まだ投げてません笑笑






だが、きっとまだかなり多いはずです(;´∀`)







また、試したら記事書きます\(^o^)/♪








PEの4号は巻く時にしっかり巻いてても、巻きにテンションがかからないルアーだと







ラインの締りが悪く、トラブルが増え気味と感じ







PE2号は、そこそこには締まるし問題ないですが







キャスト時は、ロングリーダーで切れる心配ないが








飛行中にバックラしたら、重いルアーは吹き飛ぶのでNG!!








PE2号は20ポンドなので、キャスト推奨は20グラム程度







100グラムが飛んでいくのに、ラインロックしたら切れて当たり前、、、(;´∀`)






だから、よかったのですが高価なルアーを何個も失くせない笑笑








40ポンドは、100グラムでも推奨から大きく外れてますが、基本切れないでしょう。







しかし、トッパータックルでは使い易いかった4号が、ビッグベイト竿基本硬いし竿が曲がらんからでしょう、、、








トッパーなら、グラスロッドだしね、、、曲がりに差があり過ぎる笑笑








使い難い、、、竿が、モンスタークイーンからコモドに変わったから、曲がるから使い易いかも?







竿が硬いとラインが、リールの巻取り時にしっかり締まらない気がしました。






特にロッド操作で、動かした直後にテンションが抜ける瞬間が、いけないんだろ〜なと言う気がしました。






柔らかい竿は、ロッド操作で一緒に曲がるので多少マシな気がしてます!






勿論、テンション抜いて使う事もトップでもよくありますが








ローギアだからか?なんかよく分かりませんが








とにかく、ビッグベイトの時のPEより、トッパータックルでしてる時のPEの方が扱い易く感じます、、、






自分はそう感じてるのが事実なんで、理由をみけつなければ、、、(T_T)







だから、曲がるコモドならいけるかも?








釣具屋さんが、下糸によくPE巻いてくれるのでナイロンでもスプール全体が軽くなるな!と試してみましたが






下地のPEが沈み、ナイロンが食い込み綺麗に巻取り出来ない、、、







使い続けたら、綺麗に巻けなくなってきました、直ぐにではないです‼







あと、スプールから糸が滑りやすく、ドラグが効かないってのも勉強になりました(;´∀`)






だから、下糸にPEは絶対しないし、道糸がPEオンリーも絶対しない笑笑






必ず、巻き始めは僅かでも、ナイロンを巻く必要を感じました(;´∀`)








余談ですが、、、超肉抜きスプールには、フロロやPEを直に巻いては伸びないから破損の原因ですよ!








では、また試して感じた事や、変化した考えがあっまら書きますね‼\(^o^)/




自分なりのビッグベイト最強タックル記事





では、次の記事でお会いしましょう♪^_^




ルナヒサノ関連商品







ブログに興味もって頂けましたら、ツイッターフォロー宜しくです^_^




色々なリールの、カスタムハンドル、ハンドルノブ装着例画像をアップしてます! カテゴリー の リールカスタム よりご覧になれます(^^)♪



カテゴリー:リールカスタムはコチラから



IMG_20190212_163608


リールのファッション誌を目指してます\(^o^)/♪





いつも、応援ありがとうございます‼



今回も、下記のバナーをポチッと応援宜しくお願いいたします(^ー^)


↓↓↓↓↓↓↓↓↓




バス釣りランキング










          PVアクセスランキング にほんブログ村