これまで92,97,00メタに98アンタレスに





様々なスタードラグを、移植してきましたが





クマさんにコメントより質問して頂いて、記事にしてみようと思いました^_^





機種が別の物から移植するので、先ずは大きさ





出来るだけ、同じサイズを選びたいとこです‼^_^




IMG_20190425_021354


アンタレス、14mm



IMG_20190424_235741



09アルデバラン、12,8mm




IMG_20190425_001017



アベイルスタードラグ、12,8mm



これは、09アルデバランと同じですね!!



これが問題解決において、気づきになる事になります。





詳しくは後ほど



IMG_20190425_030714




08メタ、12,7mm





なんか、08メタや09アルデバランのドラグ移植はこの時点で簡単そうですね!





08メタから09アルデ 09アルデから08メタが出来るとわかりました!





なんら問題ないんだろうなと笑笑






IMG_20190425_020953




92メタ,97,00のスタードラグは11,3mm




92メタは、違うんじゃない?ないと聞こえてきそうですが





穴が空いてるか、空いてないかの違いです!




IMG_20190425_024656



何故、空いてるかと言いますと



IMG_20190425_024201




これが付くか、付かないかの違い




IMG_20190425_024421





矢印が入って、、、




IMG_20190425_024633




こんな感じ!! ここで気が付いたのが、ナットの掛かりが同じなのに





92メタは、パーツが多い‼ つまり、97,00メタより




92メタのメインシャフトが長いって事です!!





ここまで分かって気が付きました、アベイルさんでは





09アルデバランや、98アンタレス、92,97,00メタを含めたコレ意外の複数の機種も含め





スタードラグが共通と言う事。





そして、メタニウム系には





装着する為の、専用ナットがありました‼





IMG_20190425_020751




コチラが固定ナットです‼ で、取り付け向きはこうなります!




細い方が、内っかわです‼




当然、気持ちよくなんの不満もない装着具合♪





IMG_20190425_020810




97,00メタにもこうやって付けて装着しました。




ドラグに不満がでました、、、稼働域迫っ、、、




で、気が付きました、、、





シャフトが長さ違うのにこれじゃ、気持ちよく付かなくて当然だ、、、(T_T)となりまして、、、






ナットの内と外を入れ替えました♪






すると、、、上手く行きました♪




IMG_20190425_004943_BURST001_COVER



アベイルさんのナットと、アンタレスについてたナット



今余ってる純正ナットがないので、アンタレスだけですみません。



見るからにアベイルさんのデカイ、、、




IMG_20190425_003125



アンタレスナット、3,5mm



これで、92メタのシャフトがアンタレスより長く



97,00メタよりは長いんだろうなと気が付く





IMG_20190425_003043



アベイルさんのナット、4,4mm




IMG_20190425_020727



何故逆さにしたかと言うと、2,5ミリのナット使ったのと同じになるからです。



IMG_20190425_005108



アンタレスのナットをスタードラグにはめてみました、へっこみました。



IMG_20190425_010430



アベイルさんのでは、はみ出します。




IMG_20190425_010505




画像2つのスタードラグは、なんら変わらないみたいです。





アベイルさんのナットでは、08メタ用には少し小さいですが普通に使えました。




黒いパーツでセンターも出るし、問題無いかと?




IMG_20190425_041719




矢印のパーツです‼





何故ひっくり返すと、小さいナットにするのと同じになるのか?




IMG_20190425_033843




この中の形状に答えがあります‼ まだ、信じられない方もいるかも?




IMG_20190425_033834




はめるとこうなります‼ ピッタリではみ出さなくなりました‼





完全に、偶然でない気がしました。アベイルさんでこう使えとの説明は全くありませんが




絶対、意図的に設計されてますよね、、、笑笑






偶然の産物見つけた、工夫した俺スゲーっとは喜べないです、、、笑






移植にあたって感じたのは、やっぱり機種それぞれ全てのパーツが





バランスがでてる訳で、バランスが保てない行為に及んでいるので





バランスを、自分で調整をする必要があるなと、、、(;´∀`)





ドラグレバーの稼働域が狭くなったなら、ナットを薄く





逆に稼働域が広すぎる(ドラグが締りきらない)と感じたなら





ナットを大きくしてやる事で回避出来ました!





IMG_20190425_035617




微調整は、矢印のスプリングワッシャーの枚数調整の、足し引き算でよいかと思いますよ!






で、他にこれで感じたのは






赤メタに、97,00メタのシャフト移植すれば





ハンドルが本体に近づける事が出来る、クランクハンドルを付ける時に不利になりますが、、、






ストレートハンドルなら、そんな事も出来る訳で、、、







が、クランクしてないので本体に近づけるだけをかんがたら、、、笑笑






しかし、ストレートハンドルはパワーがでます、パワーを重視しながら本体にハンドルを近づける事が可能。







考え方次第だな?と思います^_^







パワー重視にしたいなら、更にはS字ハンドルに!あと、ロングハンドル化など!






だけど、ロング化するとハンドル1回転に時間がかかるようになるし、手首だけで回せなくなるなど






自分の身体に合わせたバランスが大事、、、なんて考えだしたらキリがない、、、笑笑






何かを得たら、何かを失うもんですしね笑笑







逆に、98,00メタに赤メタ(92メタ)のシャフトを移植すれば、ハンドルがボディから少し離れますが






クランクハンドルを多少付けやすくなります。ハンドルとの間に挟む、ワッシャー1枚程度ですが、、、(;´∀`)





シャフトだけでなく、92メタのスタードラグを使えば、また別の話になります。





92メタのスタードラグ、クランクハンドルの取り付けに関しては、過去に記事書いてますのでソチラをご覧下さい!!






また、長く語ってしまいました、、、(;´∀`)






では、これ位で今回は終わります‼ ではまた♪^_^







ブログに興味持っていただけたら、ツィッターやインスタグラムのフォロー






読者等登録お願いします♪^_^







リールのカスタム記事も書いてます、宜しければご覧ください!!



カテゴリー:リールカスタムはコチラから



IMG_20190408_164750



いつも、応援ありがとうございます‼( ´ ▽ ` )ノ



今回も、下記のバナーをポチッと応援宜しくお願いいたします(^ー^)


↓↓↓↓↓↓↓↓↓




バス釣りランキング










          PVアクセスランキング にほんブログ村