タイトルの通り、低慣性について調べれば調べるほど、追求すればするほど沢村氏とダイワさんに辿りつく、、、




シマノ党の自分が、なんか避けていた所ですね、、、





シマノさんが大好きだからこそ見える、ダイワさんの凄いとこを身にしみてるといった感じです。





IMG_20190705_033422

http://www.karil.co.jp/sawamura/blog/page/  引用元 サワムラ式




コチラの沢村氏のブログにあるように、16アルデバランは個人的に大好きなシマノさんには大変悪いですが





沢村氏が言うように、イケてないと感じてしまいました、、、(;´∀`)






このように、沢村氏のブログに辿りつくのはアルデバランBFS入手後かなり経ってからとなります。






何故直ぐに沢村氏に辿り付かなかったと言うと、やはりダイワさんと密接な関係にあり





シマノファンとして、ライバルに尻尾触れるか!! な気持ちが多少ありまして、、、笑笑





IMG_20190704_085817





先ず最初に手を出したのは、シマノさんのチューニングと言えばやはりアベイルでしょ!のアベイルさん!






結果、右のKTFさんのスプールに辿り付きました。






辿り付いたからアベイルさんが悪いのではなく、素晴らしいスプールですし使い分けとしてコチラも必要です!






で、この2つのスプールから考察していきましょう!!




IMG_20190704_085906




パッとみでスプールの厚みが、KTFさんの方が薄い





KTFさんは、素材がG1,ジュラルミン





アベイルさんは、超々ジュラルミン





やはり、G1ジュラルミンが強度があるから薄く作れるようですね!!





手が、3本ないので写真撮れませんがノギスで測ると






アベイルさんは0,2ミリで、KTFさんは0,1ミリです!!






流石G1ジュラルミン!!





そもそもG1ジュラルミンとはなんぞや?(;´∀`)




IMG_20190705_024111


http://www.karil.co.jp/sawamura/blog/page/  引用元 サワムラ式




コチラは、KTFの沢村氏のブログサワムラ式の記事





サワムラ氏が、ダイワさんとパートナーとなり暫くした頃の記事





この登場している会社どこだ?と気になったんで検索♪




IMG_20190705_024509


https://www.nikkeikinholdings.co.jp/news/news/p20130702.html 引用元 日本軽金属ホールディングス





直ぐに発見♪^_^ 説明文みたら、まず日本軽金属さんで間違いないですね!




しかしまぁ、、、スプールがあの丸棒から削って整形、、、トンデモナイ技術、、、






そして、G1ジュラルミンの素材のNA700のデビュー日見てください、、、





沢村氏とダイワさん手を組み、一緒にT3AIRをデビューさせた年!! 足の速さがダイワさんすげぇよ、、、(;´∀`)



IMG_20190705_121607
IMG_20190705_031827
IMG_20190705_031707

http://www.karil.co.jp/sawamura/blog/page/  引用元 サワムラ式




素材販売のお知らせの前にリール完成しちゃってる、、、(;´∀`)






時が経ってから気が付きましたが、これ凄すぎだろ、、、(;´∀`)






ダイワさんは世界初のマグネシウムボディ、カーボンボディ、ナノボディやら世界初だらけ、、、上げたら切りがない、、、笑笑





マグネットブレーキしかり、、、マグネットはブリストル社のエレクトロマチックの説もありますが




この日本と言う国においては、ダイワさんが雑誌に世界初と発表した?ととりあげられたと昔話聞くレベルなんで真相は知りません笑笑






それにしても、あれもこれもパテント、、、笑笑





IMG_20190705_032053

http://www.karil.co.jp/sawamura/blog/page/  引用元 サワムラ式




その話の渦中の、沢村氏のKTFでもダイワさんの所有パテントを使ったベアリングを採用しております。





まぁ、とにもかくにも先進的で先見の目があるのはあきらかな事実。







ダイワさんが、沢村氏に声をかける時点で沢村氏は20年もリールカスタムしてきたベテラン。






実力者の確保に抜かりなし!!






トーナメント参戦の傍らトーナメントで戦う為のリールを生み出してき、地位も確固たるものになってた訳です。



IMG_20190705_050518

http://www.karil.co.jp/sawamura/blog/page/  引用元 サワムラ式
 




アブガルシアさんのリールを追求し、スプール制作にブレーキシステム制作やら





たしか、世界で最初に今で言うXGのスーパーハイギヤをパーツ販売した凄い人だったかと?







間違ってたらすんません(´;ω;`)








あとどの時代も当時では、世界最軽量スプールも制作してきました。







現在は慣性に関係ないとこは重量アップしていますので、最軽量スプールは販売していません。






他社リールを使っていても、すぐにお声をかける足の速さ






村上晴彦氏もまた、シマノさんのリール使わせてとの村上さんの要望に他社リールを快諾し契約。






こういう向上心、貪欲さ、、、この企業を尊敬せざるおえません。






シマノさんは、それに比べ長くテストしてからの販売となるので販売時にはもう古さを感じてしまいます、、、(´;ω;`)






それに比べダイワさんは世界の大企業が取り入れてるような、個人や少人数でリールを設計し責任がある体制でスピーディな商品開発。






ダイワさんは、アディダスさんが業績伸ばしたようなやり方で仕事に望んでます。






外部の力も借りたり、本当にすげぇなって感想!!






仮にアイディアは同じくらいにあったと過程して真似じゃないとしても、SVSインフィニィがエアーブレーキシステムの模倣感は否めない。






ブレーキブロックを使っている以上、完璧回転に合わせるのは不可能、、、(´;ω;`)






まぁ、それでもシマノファンですが笑笑






そして、逆にシマノさんには職人気質なとこがイイトコ♪






まぁ、最近の品質の不安定差は否めないなって人もいるかと思います、、、(´;ω;`)





ダイワさんファンの方に、指摘されそうなんで先に言っときます笑笑






自分もしっかり体感していますし、反論はなくそれでも愛しております^_^♪





で、アベイルさんのマイクロキャストスプールのスペックがコチラ♪



IMG_20190705_051819
IMG_20190705_051835
IMG_20190704_090322


http://www.avail.jp/products/ms_16ald15r.html 引用元 ヘッジホッグスタジオ アベイル









コチラがKTFさんのスプール




IMG_20190704_085954


http://www.karil.co.jp/ktf/  引用元 KTF




           アベイル     KTF
スプール素材  超々ジュラルミン  G1ジュラルミン
シャフト素材  超々ジュラルミン     ?
重量        5.1グラム     6.6グラム



と上記の情報から分かりますね!!




マイクロキャストスプールは深溝でみてます。ラインキャパが近い方でみました。マイクロキャストスプールの深溝の方がラインキャパが多いですがそれでも軽いのでよいとします、、、笑笑





このグラムだけの情報にて、浅溝をメバルからバスのベイトフィネスもしようと最初に購入。ラインキャパも十分足りる判断もありました。






で、厚みがG1が0.1ミリも薄い訳ですが明らかに重さに差がある!






何故?





IMG_20190704_090742
IMG_20190704_091334


http://www.karil.co.jp/sawamura/blog/page/  引用元 サワムラ式



この記事にて謎が解決します、因みにコチラは前期スプールで




IMG_20190705_033422
http://www.karil.co.jp/sawamura/blog/page/  引用元 サワムラ式




コチラの記事にて、後期になった事情と後期スプールについてかかれてます。






で、シャフトがステンレスとわかり、ベアリングとシャフトが0.8グラム。






KTFスプールは、強度を重視し重いステンレスシャフトにしたとありますが






凄く軽くないでしょうか?






アベイルさんのシャフト重量は、わかりませんがステンレスより当然軽いのでシャフト抜いても比較しても





アベイルさんが確実に軽い、強度があるから薄く軽い説は消えました。





沢村氏もシマノの黒田氏もシャフトが重くても慣性には関係ない、なのでシャフトにベアリングがあっても関係ないと言われてます。






なので、シャフトにも今回注目しました。





キャストし比べたら圧倒的にアベイルさんが低慣性です。





強いから薄いから軽いは間違い、今回感覚だけで思ってた事が理屈で説明出来ました♪^_^





深溝で比較しましたが、更に低慣性なアベイルさんのマイクロキャストスプールの浅溝は





IMG_20181006_134747



0.5グラムジグベッドにワーム込み1グラム未満で快適にキャスト出来ます♪




逆に余りにも低慣性なので、5グラムくらいからは快適ではなく





飛距離も0.5も5グラムも変わらないです(´;ω;`)






少し少なめに巻くと、全部ラインでて天辺なりますしね笑笑





で、はじめて深溝買うか?ってなった時に目に入りました。即完売でプレミアにて、2万くらいで売買されてる状況下で1万4千円に、、、ポイントつかって更に安くして定価位で買えるが?




1556691769372




なら、ダイワさんへのライバル視を受け入れてみよう、ちょっと知ろう!となったのがダイワさんをちゃんと認めてれて知って、真のライバル視が出来るようになった!みたいな気がします笑笑





なので、ダイワさんの技術のハイブリッドリールだなぁ〜と思いながら使ってます♪






TWSがあと欲しすぎる〜(;´∀`)笑笑






で、今メインがバスにはKTFスプールなのは、2〜10グラムが投げやすい!!





ここに合わせたセッティング、バランスが絶妙!!






慣性は低いほどいいですが、それは使用ルアーによる最適な慣性もあり、ルアーに合わせた上での最も低い慣性が大前提。







で、強度ですが超々ジュラルミンでも十分かな?と思います。







多くのリールの純正シャフトはアルミだそうなので、超々ジュラルミンはノーマルよりは強度があります。






心配なら、G1ジュラルミンにステンレスシャフトを選択すべきかな?






沢村氏の30年の集大成ともいえるG1ジュラルミンスプールは、KTFさんとダイワさんのスペシャルなスプール





T3AIRで、遠心を超える遠心を作るべく沢村さんが追求してきた物がダイワさんと手をとることで生まれたSV(エアーブレーキ)システム!!






初めてSV投げた時に、感じた衝撃!! ずっと身体に残っちゃてます笑笑 時間差で一本に繋がりました!!







まさに、傑作です!!








沢村氏のリールを愛してやまないプロ達をご紹介♪




IMG_20190705_032740

http://www.karil.co.jp/sawamura/blog/page/  引用元 サワムラ式




Dスタイル 青木大介プロ





IMG_20190705_033100

http://www.karil.co.jp/sawamura/blog/page/  引用元 サワムラ式




度々、沢村氏のお店キャリルに通う青木大介プロが、サワムラ式に度々登場しています!!



IMG_20190705_032939


IMG_20190705_032831

http://www.karil.co.jp/sawamura/blog/page/  引用元 サワムラ式




青木大介プロのリールカッコイイですね〜^_^ 使ってみたい限り!!





IMG_20190705_033502


IMG_20190705_033545



レジットデザイン 北大輔プロ





IMG_20190705_033250



レイドジャパン 金森隆志氏




IMG_20190705_033616

http://www.karil.co.jp/sawamura/blog/page/  引用元 サワムラ式





金森隆志氏、北大輔氏のモデルもカッコイイですね〜






カッコイイ前にヤバそう、、、笑笑






皆さん、沢村氏の作る物に心射抜かれてますね、、、笑笑







そんな、自分も骨抜きになってしまいました!笑笑






シマノリールも沢村氏がカスタムしててくれて本当に良かった!心から思いました笑笑







インスタグラム、ツイッターしてます!! よかったら気軽にフォローしてください♪


Instagram,Twitter. Please free to follow.




I'm not good at English,but i'll do my best to reply, so I hope you'll comment.



リールのカスタム記事書いてます、よかったらご覧ください♪下記リンクから飛べます。


1560954249460







いつも、応援ありがとうございます‼( ´ ▽ ` )ノ



今回も、下記のバナーをポチッと応援宜しくお願いいたします(^ー^)


↓↓↓↓↓↓↓↓↓