今回の、リールのカスタム記事はサイレントチューンベアリングは本当に静かななのか?




シマノ(SHIMANO) リール 19 スコーピオン MGL 151XG 左
シマノ(SHIMANO)






コチラのリールにて検証しました!!






コチラの19スコーピオンMGLは極めて普通!! 普通にいいリールです!!^_^





しかし、34ミリスプールでMGLスプールにも関わらず






150番と言うラインキャパのせいか、はたまた25ミリのワイドスプールせいか、、、






150番手とデザインが気に入って買ったリールですが





キャストフィールや、キャスト時のスプール回転ノイズがどこか懐かしい笑笑





慣性が高い、ライン重量でスプール自体が重いのは仕方ない。







立ち上がりが遅く、回りだしたら高い回転でスプールが止まらない、、、(;´∀`)





だから、根っからのシマノ党の方や昔のシマノリールファンの方なら満足して使えると思います♪






最初、これぞシマノ感!!\(^o^)/久々に戻ってきたやん♪






となりましたが、やはりそこはやっぱり今年のモデル、、、






SVSインフィニィとMGLスプールの恩恵を感じるリールでは無いのはやっぱり残念、、、(;´∀`)






ってことで、カスタムベースにはいいリールと判断しました!






ボディはアルミでカッチリし、マイクロモジュールギア搭載、パーミングしやすいコンパクトなボディ♪






あとカッコイイしね!!笑笑 申し分ない♪






ワイドスプールのメリットはラインが目減りしない、デメリットはライン放出抵抗が高い





なら、カスタムしてもベイトフィネスにもっていくのはいかがなものか?





当然、持ち味いかして重量物投げるようにする!!







重量物なら、放出時の抵抗が気にならなくなる。






ラインキャパは減らさない方向で使いたい、ラインを少なく巻いたりはNG!!





今後サードパーティからスプールが販売されても、ラインキャパが無いなら変えない。





なんだかんだバーサタイルタックルがいいな!となっても、、、陸っぱりでも、特化しなければやはり出しどころが無くなる(;´∀`)






だから、これって使い方に絞っていく方向で、、、笑笑






で、最初に取りかかったのがSVSインフィニィユニットを



IMG_20190529_010851



レイズスタジオさんの軽量インフィニィユニットにし、1グラム軽量!




IMG_20190530_224532_071




たった1グラムはされど1グラム。ブレーキが良くかかるようになった♪




なのでダイヤルと合わせて、ようやく微調整が効くようになった!





軽い車と重い車はどっちがブレーキが効くかをイメージしてもらえたら良いかと?





次になんといっても、ラインの重量がスプールの立ち上がりに大きな差を生む





19スコーピオンMGLスプールは、重量物をレスポンスよく投げたかったのもあるが






とてもその目的では残念であり、MGLスプールの恩恵が無かった。






そして、結局PEラインを巻いた事でかなり低慣性にする事が出来た。






一応に、フロッグ用だった銀メタを二軍に下ろした。





しかし、カスタムされた銀メタが勝ってしまっている、、、






さてどうするか?





ベアリングは先ずKTFさんの物に変更。






レスポンスは格段に向上♪ しかし、純正から気になってるノイズが






気になる、、、今時のリール感がない、、、(;´∀`)






性能は満足いくレベルになったが、、、







因みにサイレントチューン外した他のリールは、慣性が低いのか?そんなにうるさくない、、、






てか、外したサイレントチューンベアリングが沢山ある笑笑






なら、やってみようと言う事でサイレントチューン搭載されてない、19スコーピオンMGLをグレードアップ♪\(^o^)/






1563069636430

1563069634865





で、使用してきた感想ですがサイレントチューンベアリングは確かに静かになるベアリングでした!






しかし、サイレントチューンベアリング搭載モデルまで静かになりませんでした(;´∀`)






恐らくまだ慣性が高いからでしょう(;´∀`)






しかし、十分に静かで高級感がでました♪\(^o^)/






因みに、ノイズ問題は置いといて飛距離に関したら





やはりサードパーティーのベアリング性能が格段に上と感じました。重量物のキャスト時はさほど差が無いですが





ピッチング時などは、サードパーティーのベアリングには全然及びません。




今回は重量物用にするので、静音を重視しました^_^





IMG_20190702_062545



で、次にハンドルを交換する事で、もうハイエンドに負けるとは言わせないレベルになりました♪






純正ハンドルにはベアリングが無いので、ハンドル交換で格段に巻心地に貢献するでしょう!!






単にベアリング交換でもかなり良くなると思います♪






ヘッジホッグスタジオさんから、純正ハンドルのベアリングキットが販売されてます!!







ハンドルは複数付け替えて釣りしてみましたが、用途を考えたら







巻きも得意で、パワーも出せるデプスさんのナックルアームとなりました。






これにより、抜群の巻心地や剛性感も手に入れました♪^_^






そして、ハイエンド妥当で、ギヤーシャフトベアリングを交換予定してます!!




IMG_20190714_220806

https://www.hedgehog-studio.com/product/9927 引用元ヘッジホッグスタジオ



ギヤーとボディはハイエンドと遜色ありませんが、ハイエンドと違うのはこのギヤーシャフトベアリングが樹脂部品なので






この部分をベアリングにする事で、いい勝負になるかと思います♪





IMG_20190714_220927

https://www.hedgehog-studio.com/product/9927 引用元ヘッジホッグスタジオ




そしてもう一つしたい事が、ウォームシャフトはハイエンド機種も樹脂ですので





コチラをベアリング化する事でハイエンドを超えていけるんじゃないかなと?確信してます。





ハイエンドのノーマルより、せめて巻心地だけは上を行きたいとこです♪





因みにウォームシャフトベアリングで巻心地が上がるのは、他のリールで身にしみてます\(^o^)/






ハンドルベアリングキット、ウォームシャフトベアリング化キット、ギヤーシャフトベアリングキットは










ヘッジホッグスタジオさんで販売されてます!!上記のバナーよりヘッジホッグスタジオさんに飛べます♪






このリールはカスタムすれば、十分上を目指せる条件があるリールだと思います♪







また、部品交換しましたら紹介しますね♪♪







因みに、自分は殆どのカスタムパーツを、ヘッジホッグスタジオさんで購入してますよ( ゚∀゚ )







ヘッジホッグさんは、豊富なパーツでリール界のオーダースーツ店ってな感じで






素晴らしい"自分だけの一台"が出来上がりますよ♪^_^

 




勿論、記事内のリンクからも購入可能です♪~(´ε` )







因みに、初速が出せるロッドで使用すれば抜群に相性がよく





IMG_20190714_233927




飛距離の面でも、満足出来ました♪ 自分の一軍タックル入りはこれで確立しました♪





因みにロッドはフィッシュマンさんの、ブリストベンダバールに落ちつきました。ラインの太さでエクスセンスDCと使い訳してきます♪










インスタグラム、ツイッターしてます!! よかったら気軽にフォローしてください♪








リールのカスタム記事書いてます、よかったらご覧ください♪下記リンクから飛べます。


1562752126305




因みに、自分は殆どのカスタムパーツを、ヘッジホッグスタジオさんで購入してますよ( ゚∀゚ )









ヘッジホッグさんは、豊富なパーツでリール界のオーダースーツ店ってな感じで





素晴らしい"自分だけの一台"が出来上がりますよ♪





カスタムハンドルの選び方の紹介!!



カスタムハンドルノブの選び方を紹介!!



ハンドルノブの重量の比較や紹介!!



いつも、応援ありがとうございます‼( ´ ▽ ` )ノ



今回も、下記のバナーをポチッと応援宜しくお願いいたします(^ー^)


↓↓↓↓↓↓↓↓↓