アクセス数?ランキング順位だって?






1571513910314






こんにちは、どうもhideです。







ではお話していこうと思いますが









1571513904951





1571513913635





1571513903136


※誇り高き自称釣りブログ人の王子なので情緒不安定はお許しください。






誰か言ったのかは分からないけど、、、知らない内に剛性が高いのはアルミってのが自分の中で定着してました。






本読んでも釣り人同士の雑談でもそう言われてたので、そうなんだ俺はアルミボディがいい!!







剛性が高いと巻き心地が良いとも言われますしね。






だから剛性でしょ⁉ ってアルミボディ以外いらない質感高級感でしょ?って、何十年も思ってた節がありますが






果たして本当にそうなのか?







道具の使い分けしようと考えを改めてからも、よく耳にする






マグネシウムは感度は良いが、剛性は無いのイメージがこびり付いたまま、、、(笑)





1571323482090





よく聞くメタニウムだからマグネシウムボディだから、剛性がなぁ〜今一だよなぁ 、、、






やっぱりアンタレスや、昔のメタニウムだよね?( ´ー`)y-~~ドヤァ








かくしてそんな事言う自分もその一人でした、、、お恥ずかしい、、、無知怖い(笑)







結局よく耳にするのを何も疑わず自分もそうだと思ってましたが、とりあえず感度重視はマグネシウムでいこうかな?








な〜んてマグネシウムボディが拡がってから、かな〜り出遅れながら1年前からマグネシウムボディを初めて手にしたんですよね。








あっ、実はコレクションで持ってましたが使ってなかったんですよね(笑)







なんと勿体ない(笑) それ程にアルミボディ信者だったんです(笑)








因みに一年前までアンチマグネシウムで、アンチ歴18年の大ベテランがこの記事を書いていきます(笑)








しかも、アンチだった理由は単なるイメージだけとなります(笑)







1571513907864


※誇り高き自称釣りブログ人の王子なので広い心でお願いします。





人の先入観って怖すぎぃぃッ!!(笑)







そんな自分が、マグネシウムボディのリールを頻繁に使い出した訳ですが







暫くして剛性感あるじゃん、、、(; ・`ω・´) となり、、、








最近ではアルミよりあるんじゃ、、、歪みや組付け時のパーツとパーツとの一体感を感じるようになりました。







最近、かなり頻繁に分解してるからかなぁ、、、







テレビとかでも間違いだらけの常識や、新常識をうたった番組も目立つように近年ではなり







事実と真逆の常識が沢山ある事にハッとさせられたりもしばしば、、、







しかし、長年信じてたものにメスを入れれず、、、






剛性はアルミだよね〜なんて自信を持って言えなくなりました。






なので一般的に言われてるものと、自分の感覚どちらを信じるか?で悩んでましたが






ハッキリさせてしまおう!! ってなったのが今回の趣旨。







で、マグネシウムと言う素材を調べてみました!!






餅は餅屋!! で "日本マグネシウム協会" さんの記事から引用します。





1571487148940
1571487151369
1571487146131


引用元  日本マグネシウム協会   http://magnesium.or.jp/



1571524236822


1571513913635





ここまで読んで、自分の感覚は間違いないと確信が持てました。






マグネシウムは、アルミより剛性が無いが感度がある。






それは、真っ赤な嘘と言う事が分かりました。







マグネシウムは強度があり、寸法変化が少ないという事はより精密な設計も出来るため高剛性。






長い間歪みの少ないというのは、長寿命であるということ。







高剛性と言う事は、当然巻き心地がいい♪







更には振動の吸収性が高いとなると、結論やっぱり巻心地がいい。







一般的に言われてる事は真逆だった訳です。(; ・`ω・´)







ただただこの情報だけで考えては、答えが変わっただけでなんの変化も自分にないので







そこでリールの設計でボディの厚みが違うのかも?アルミが剛性あるという情報はそこから?






と思いましたので、計測してみました。





1571487124596

1571487129973

1571487133040

1571487139373

1571487143908

1571487127800





真っ直ぐな場所はリールにないので、平均的な場所を目視で選んで計測しました。





測り方もあるでしょうから、ただの判断基準にする材料の1つにしかすぎませんが(笑)







数値見ても誤差の範囲でしかない、、、目視で見てもどれも同じに見えます、、、










マッスルリール言われてるグラップラーもしかり(; ・`ω・´)






ただ重たいだけとわかりました、、、グラップラー好きだった理由はメリケン感だったのに、、、残念です(笑)





グラップラー同様、クロナークしかりビッグベイトに向いている高い剛性が売りのアルミボディのリールですが






ラインのキャパだけが魅力って見方にもなりかねない事実。アルミも十二分に剛性があると思いますが






今回はマグネシウムとアルミの素材だけの比較なので







ラインキャパのあるスプールであれば、メタニウムの方が有利なのでは、、、?って考え方も出来ます。







トルクはギア比の問題なので、マグネシウムボディでより低いギア比を選ぶのかベストチョイスなんだろうなと思います。






グラップラー好きなんでグラップラー多分使いますが(笑)



近年ハイエンドクラスもマグネシウムボディ採用してたのが、マグネシウムが優れているという証明だと思います。






いつの間にか海水に弱いと言われたマグネシウムボディが、海水対応で席巻していますのでそこは引っかかってますが(笑)






実際ガンガン使って問題でてません。メンテしてるからかもですが。






原点回帰なのかダイワさんに続き、シマノさんもハイエンドをアルミにしてきたのは






マグネシウムボディが無かった頃の、アルミボディは丈夫だよって自分も含めて釣り歴長い人の







強いアルミボディに対する信頼と馴染みからくる






一般認識のズレに合わせて、メーカーがユーザーによりそった選択な気がしてきました(; ・`ω・´)






マグネシウムでボディ作ると軽い、軽いは脆いといったイメージに繋がったんだと思います。






逆に重いは強いみたいな?ただ重ければ手に重みがのるので、パワフルに巻けてる錯覚に繫がるかなと?






ただバランスとるには重さが必要だったり、有利な場合があります。







しかし今回は素材がテーマなので、素材だけで言えばマグネシウムの方が剛性が高く巻き心地が良いとなります。






だけとアルミボディが、巻き心地良く感じて何故疑わなかったのか?





1571487146131



ハイエンドは何故アルミボディが多かったのか? この日本マグネシウム協会の材料の値段を見たら、明らかにマグネシウムが高価で





車関係の仕事していた時に耳にしてたのが、マグネシウムでパーツ作るとアルミの1.5~2倍のコストがかかると聞いてました。






ギア等材料で言えば、ジュラルミン等とブラスならブラスが安い。







多くのハイエンドがあえて安い材料つかってる理由は







先ずボディ選択に重視したのは、重いイコールしっかりしてるだったり重いは高級のイメージからくる高級感と






二度目ですがマグネシウムボディが無かった頃の、アルミボディは丈夫だよって自分も含めて釣り歴長い人の





強いアルミボディに対する信頼と馴染みからくるものなのではないか?







ギア素材においては感度より巻き心地重視の選択。その選択がギアの寿命を伸ばす。






これか永遠に変わらない巻き心地というテーマを実現する選択だと思います。






つまり、内部に使われてる部品の材料が原因だと思います、振動を伝えないブラス素材が使われてる事に真相があると感じてます。






 

感度が良いか悪いかは、ギア素材にベアリング素材、ハンドルにハンドルの素材、ハンドルノブの形状のバランスで






奥が深い話になりますよね、、、柔らかければ巻心地よく硬ければ感度アップとなる訳です。







しかしギアには使われませんが一概に言えないのが、マグネシウムの存在があります。







硬いのに振動吸収性と共振が少ない。そういう素材の中でも例外があります。






ジュラルミンはブラスの2倍振動すると聞いたこともあります、ホントかは定かではないですが、、、






多分そうなんだろうなと感じてます(゚∀゚)







マグネシウムボディが感度が高い説がでた、感じた人が沢山いたのは、、、自分の見解ではマグネシウムボディのリールに






ジュラルミンギアの採用が多い事と、振動吸収性が高く吸収性してしまうが共振しない為に雑味なくクリアに振動が伝わるんじゃないかと考察してます。





感度が高い(振動が大きい)のではなく、質の良い感度なのかな?と







今後も出す答えは変化するかもしれませんが、これからも釣りしてる限り悩みながら真実を追及していきます♪






まとめ




メタニウムだから剛性が無いのではなく、メタニウムだから剛性がある。





マグネシウム素材は、アルミ素材より剛性がある。






剛性と振動吸収性からくる巻き心地の良さに、振動吸収性と共振しない事が振動は弱いが雑味のないクリアでダイレクトな質の良い感度となる。



これが、かつてアルミボディが最強!! と信じきってた男の現在出した答えとなります。






今回記事のテーマとなったメタニウムシリーズですが、今一度見直してみてください♪




34ミリのハイエンドの座を、19アンタレスに奪われた


1571517102240




スプール交換で秘めた力を目覚めさすのも良いと思いますよ♪








1571513929960

1571513926552


※あくまでも個人の考察となります。














画像挿入させていただいたドラゴンボールオフィシャルサイトはコチラ♪





それではこの位で終わります。







長々とお付き合いいただきありがとうございましたm(_ _;)m






☆フォローする★
                   Instagram   






リールのカスタム記事書いてます、よかったらご覧ください♪下記リンクから飛べます。


1562813320727




因みに、自分は殆どのカスタムパーツを、ヘッジホッグスタジオさんで購入してますよ( ゚∀゚ )









ヘッジホッグさんは、豊富なパーツでリール界のオーダースーツ店ってな感じで





素晴らしい"自分だけの一台"が出来上がりますよ♪







カスタムハンドルの選び方の紹介!!



カスタムハンドルノブの選び方紹介!!




ハンドルノブの重量比較や紹介!!





様々なリールで様々なハンドル試着してみました!!




シマノベイトリールの最適なライン選びの考察してみた!!






いつも応援ありがとうございます!! ( ´∀`)



今回も下記のバーナーを、ポチッと応援宜しくお願いします!! ^_^

↓↓↓↓↓↓↓↓↓